腰への負担を減らすシートの設定方法

長時間座っていると腰に負担がかかり痛くなります。

営業職で毎日車に乗る人、ドライバーの人で毎日車に乗る人様々です。

腰が痛いからと簡単に職えを代える訳にはいきません。

だからといって車やシートを代える訳にもいきません。

そんな方々にお勧めしたい腰痛対策があるのです。

今すぐ簡単にできます。

実は、いつも乗っている車のシートの位置や高さ、目線などを変えるだけなのです。

それだけで、かなり楽になります。

座っていると腰への負担が大きくなるのは事実です。

だから、その腰への負担をなるべく減らせばいいのです。そうすると、腰痛はだいぶ楽になります。

では、腰への負担を減らす車のシートの設定方法を紹介します。

まず、シートに深くすわります。

浅く座ると背骨が曲がり、腰への負担が増えて更に腰痛が悪化するので注意が必要です。

シートに深く座った時に、背もたれくっつくように座って下さい。

この時、背筋を伸ばしてこしの部分をさわります。

その触った位置にクッションやバスタオルを置きます。

それだけで腰への負担がだいぶ減るのでぜひ試してみて下さい。